基礎知識

ファクタリングの必要書類を準備して売掛債権を即日現金化する方法

ファクタリングの必要書類を準備して売掛債

ファクタリングを利用する際、ファクタリング会社から必要書類の提出を要求されます。
必要書類をスムーズに提出できるかどうかで、資金調達にかかる時間が変わります。
本記事を読んでいる方は、必要書類を事前準備して少しでも早く資金調達したい方が多いのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて、ファクタリングの必要書類を準備して売掛債権を即日現金化する方法について解説します。
ファクタリングの必要書類を提出する際の注意点についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリング契約の流れと必要書類を提出するタイミング

契約の流れ

ファクタリング会社とファクタリング契約を交わす際、申込と契約時に必要書類を提出します。
ファクタリング会社は利用者から必要書類を提出してもらい、売掛先や利用者の信用度を審査しています。
売掛先や利用者の信用度次第では、売掛金未回収のリスクが高くなるからです。

必要書類に不備があれば、売掛先や利用者の信用度を確認できません。
売掛債権を買い取っても売掛金を回収できないと判断されて、審査に落ちてしまいます。
ですので、ファクタリングを利用する前に、必要書類についてしっかり確認しておきましょう。

本項目では、ファクタリングを初めて利用する方向けに、契約の流れと必要書類を提出するタイミングについて解説します。

ファクタリング会社にすぐに依頼したい!という方は下記を参考にしてください。

バナー会社一覧_大

(1)問い合わせ

利用するファクタリング会社を決めたら、まずは問い合わせましょう。
後ほど詳しく解説しますが、売掛債権の即日現金化は、必要書類を事前準備していることが前提条件です。
売掛債権を即日で現金化したい方は、問い合わせ時に必要書類を確認しておいてください。

必要書類は利用者の事業形態や取引方法などによって異なります。
ですので、問い合わせ時に希望する取引方法や事業形態などについて伝えましょう。
スタッフから審査や契約時に必要な書類について詳しく教えてもらえます。

(2)申込

ファクタリング契約の準備が整ったら、ファクタリング会社に申し込みましょう。
申し込み方法はファクタリング会社によって異なります。
申し込みフォームを利用して、ネットで手続きを行う企業が多いです。

以下のような内容を記入して、申し込み手続きを行います。

  • 企業名
  • 事業形態
  • 代表者名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 都道府県
  • 調達希望額

(3)審査前に必要書類提出

申込手続きでは、審査時に必要な書類の提出を要求されます。
必要書類の提出方法は、ファクタリング会社の指示に従いましょう。
審査前に提出を要求されやすい必要書類については、後ほど詳しく解説します。

(4)審査

利用者の情報や必要書類を提出したら、簡単な審査を受けます。
ファクタリングの審査は、銀行融資の審査に比べると甘い傾向があります。
資金を借り入れるのではなく、売掛債権を現金と取引するだけだからです。

そのため、審査にかかる時間が短く、早ければ数分で結果がわかります。
必要書類に不備がなければ短時間で審査が完了するので、事前にきっちり準備しておきましょう。

(5)面談

審査に通ったら、次はファクタリング会社と面談を行います。
面談では買取条件の確認を行います。
買取条件に承諾できる場合、その場でファクタリング契約を交わすので、必要書類を準備しておきましょう。

面談が非対面か対面なのかは、ファクタリング会社によって異なるので確認しましょう。
対面の場合、面談場所は企業の事務所かご自身の企業で行います。
出張してもらう際は、出張費用が発生します。
なるべくファクタリング契約にかかる費用を抑えたい方は、企業の事務所に足を運びましょう。

(6)契約時に必要書類提出

ファクタリング契約を交わす際にも必要書類を提出します。
問い合わせ時に確認した必要書類を準備しておきましょう。
提出した書類に不備がなければ、その場でファクタリング契約を交わせます。

そして、早ければ当日にファクタリング会社から現金を入金してもらえます。

(7)資金調達完了

3社間ファクタリングで取引した方は、以上の手順で資金調達は完了です。

2社間ファクタリングで取引した場合は、資金調達後に売掛先から売掛金が振り込まれます。
振り込まれた売掛金をファクタリング会社に支払えば、ファクタリング契約は完了です。
売掛金の支払期日は、必ず守るようにしましょう。

契約内容をしっかり守っておけば、次回から利用者の信用度が高いと判断されやすくなります。
審査に通りやすくなりファクタリング手数料が安くなる傾向があるので、信用を築いておきましょう。

ファクタリングの申込・審査時に必要な書類

ファクタリングの申込時に提出を要求されやすい必要書類について解説します。
先ほど解説したとおり、要求される必要書類はファクタリング会社によって異なります。
ですので、本項目の内容はあくまで参考程度にご覧ください。

これから解説する書類を提出できる状態にしたうえで、ファクタリング会社に必要書類を問い合わせましょう。

(1)本人確認書類

本人確認書類は、利用するファクタリング会社や利用者の事業形態などにかかわらず、申込時に要求されやすいです。
ファクタリング会社は本人確認書類で、利用者が申込者本人であるかを確認します。
第三者の虚偽申し込みによる、売掛債権未回収のリスクを軽減させるためです。

ですので、ファクタリングを利用する前に、申込者本人であることを確認できる書類を準備しておきましょう。
本人確認書類として提出できるものは以下のとおりです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民票

顔写真付きの本人確認書類を提出できない場合、保険証と公共料金の領収書をセットで要求されやすいです。

  • 保険証
  • 公共料金の領収書

(2)事業説明資料

事業説明資料とは、利用者の企業の事業内容、事業規模、設立年数などを確認できる書類のことです。
主に以下のような書類を要求されます。

  • 会社概要のページをコピーした書類
  • 会社のパンフレット
  • 名刺

提出書類の内容が審査に大きな影響を与えることはありません。
しかし、提出できない場合、虚偽申込だと判断されて審査に通らないことがあります。
ですので、提出できるように準備しておきましょう。

(3)売掛金の証明書類

売掛金の証明書類は、審査時に重要視されます。
ファクタリング会社は提出書類で、売掛金の発生や支払期日を確認します。
虚偽申込や二重譲渡を回避して、売掛債権未回収のリスクを軽減させるためです。

申込時に提出を要求されやすい売掛金の証明書類は、以下のとおりです。

  • 発注書
  • 請求書
  • 検収書
  • 納品書
  • 業務基本契約書
  • 預金通帳の原本もしくはコピー

提出書類に不備があれば審査に通らないので、準備する際は注意しましょう。

(4)過去の決算書

過去の決算書は、3期分の提出を要求されやすいです。
前回の決算月から3ヶ月以上経過している場合は、資金繰り表の提出も要求されることがあります。

ファクタリング会社は過去の決算書で、以下の2点を確認しています。

  • 定期的に売掛金が発生しているか
  • 売掛先が期日どおりに売掛金を入金しているか

審査では売掛先の信用度が重要視されるため、利用者の企業が赤字経営でも問題ありません。
企業を設立したばかりで決算書を提出できない方は、ファクタリング会社に問い合わせてみましょう。
個人事業主の場合は、確定申告書を要求されることがあります。

(5)資金繰り表

ファクタリング会社は資金繰り表で、利用者の企業の支払能力を審査します。
資金繰り表とは、現金収支をまとめた表のことです。

先ほど解説したとおり、2社間ファクタリングでは、利用者の企業がファクタリング会社に売掛金を入金します。
ですので、利用者の企業が売掛金の支払期日までに、倒産してしまわないかを確認しています。

2社間ファクタリングの利用を検討している方は、資金繰り表を準備しておきましょう。

ファクタリングの契約時に必要な書類

続いては、ファクタリング契約を交わす際に必要な書類について解説します。
審査時だけでなく契約時に必要な書類も事前準備しておけば、スムーズに手続きを行えます。
売掛債権を即日で現金化したい方は、契約時に必要な書類についても確認しておきましょう。

(1)税金・社会保険の関係書類

ファクタリング会社は税金や社会保険の関係書類で、利用者が税金や社会保険料を滞納しているかについて確認します。
利用者の信用度を確認する書類なので、3社間ファクタリングでは重要視されません。

一方、2社間ファクタリングでは、審査に影響することがあります。
利用者がファクタリング会社に、売掛金を支払えなくなる可能性があるからです。
税金や社会保険料を滞納している場合、売掛先から売掛金が入金されても差し押さえられるかもしれません。
ですので、ファクタリング会社は、契約時に税金や社会保険の関係書類の提出を求めることがあります。

ファクタリング契約を交わす前に、以下のような書類を準備しておきましょう。

  • 納付済証
  • 徴収書
  • 納税証明書

(2)登記簿謄本

登記簿謄本は事業説明資料と同じく、利用者の信用度を確認するための書類です。
審査時ではなく、契約時に提出を要求してくるファクタリング会社もあります。

3ヶ月以内に発行してもらった登記簿謄本を要求されることが多いです。
法務局で発行してもらえるので、ファクタリングを利用する前に入手しておきましょう。

(3)印鑑証明書

印鑑証明書とは、契約書に押印した印鑑が利用者の実印であることを証明する書類です。
個人印鑑証明書と法人印鑑証明書の2種類があります。
法人の方は両方の提出を要求されることがあるため、事前に準備しておきましょう。

登記簿謄本と同じく、法務局で3ヶ月以内に発行してもらった書類が提出できます。

ファクタリングの必要書類を提出する際の注意点

ファクタリングの必要書類を提出する際の注意点について解説します。
スムーズに売掛債権を現金化したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

(1)企業や取引方法によって必要書類が異なる

ファクタリングを利用する際に必要な書類は、ファクタリング会社や取引方法によって異なります。
ファクタリング会社が審査で何を重視したいかによるので、問い合わせ時に確認しましょう。

審査は必要書類の数が多い企業ほど厳しく、少ない企業ほど甘い傾向があります。
よりスムーズに審査に通過したい方は、必要書類の少ない企業を利用してみてください。

(2)必要書類に不備があると審査に落ちる

提出した必要書類に不備があると、審査に通りません。
特に売掛金の証明書類に不備があると、審査落ちしやすくなります。
売掛先の信用度を確認できない場合、売掛金未回収のリスクが高くなるからです。

ファクタリングの審査は、銀行融資の審査に比べると甘い傾向があります。
とはいえ、必要書類に不備があれば審査に落ちてしまいます。
ですので、書類を提出する前に、準備漏れがないかをしっかり確認しておきましょう。

(3)即日現金化するには必要書類の事前準備が必要

ファクタリングといえば、売掛債権を即日で現金化してくれるサービスです。
そのため、素早く資金繰りを改善するために利用を検討している方が多いのではないでしょうか。

ただ、いつでも売掛債権を即日現金化できるわけではありません。
素早く資金調達するためには、必要書類の事前準備が必要です。
必要書類の準備からファクタリング契約までを一日で済ませることは困難です。

ですので、少しでも早く資金調達したい方は、ファクタリング会社に必要書類を問い合わせて事前準備しておきましょう。

まとめ

ファクタリングの必要書類を事前準備しておけば、最短即日で売掛債権を現金化できることがあります。
ファクタリング会社に問い合わせて、審査や契約時に必要な書類を確認しておきましょう。
必要書類についてわからないことがある場合も、企業に問い合わせてみてください。

提出書類に不備があった場合、審査に落ちてしまいます。
売掛債権を即日現金化できないだけでなく、資金調達が遅れてしまいかねません。
ですので、ファクタリングの必要書類は、漏れがないように準備しましょう。

利用するファクタリング会社を探している方は、以下の記事を参考にしてみてください。
中には最短即日で売掛債権を現金化できる企業もあるので、ぜひご覧ください。

バナー会社一覧_大