基礎知識

ファクタリングで高額な売掛債権を安全に取引する方法を解説

ファクタリングで売掛債権を取引すれば、銀行融資などに比べて迅速に資金調達できます。
売掛債権を譲渡・売買しているだけで、審査に時間がかからないからです。
ただし、高額な売掛債権を取引する際は、注意すべき点がいくつかあります。

そこで本記事では、ファクタリングで高額な売掛債権を安全に取引する方法について解説します。
最後に高額な売掛債権を取り扱っているファクタリング会社を紹介するので、ぜひご覧ください。

ファクタリングで売掛債権を高額買取してもらうコツ

本項目では、ファクタリングでより多くの資金を調達するコツについて解説していきます。

ファクタリングでは、売掛金以上の額を調達できません。
ですので、取引時に発生するコストを抑えて、少しでも多くの資金を調達しましょう。

ファクタリング利用時にコストを抑えるコツは、いくつかあります。詳しく見ていきましょう。

(1)信用力の高い売掛債権を取引する

売掛債権の信用力が高ければ、ファクタリング手数料は安くなる傾向があります。
ファクタリング会社が、売掛先から売掛金を回収できる確率が高いからです。

売掛債権の信用力は、サービスの利用を申し込む際にファクタリング会社が審査します。
審査で重視される内容は、以下のとおりです。

  • 売掛先の経営状態
  • 利用者と売掛先との取引実績

売掛先が大手企業だったり利用者との取引実績が多かったりする場合、ファクタリング会社は売掛債権の信用力が高いと判断します。
ですので、ファクタリングを利用する際は、信用力の高い売掛債権を取引しましょう。

(2)3社間ファクタリングを利用する

3社間ファクタリングを利用すれば、ファクタリング手数料を抑えられます。
ファクタリング会社にとって、売掛金未回収のリスクが低い取引方法だからです。

ファクタリングの取引方法には、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングがあります。
各取引方法の主な違いは、以下のとおりです。

  • 債権譲渡の通知の有無
  • 売掛金を支払う企業

3社間ファクタリングでは、売掛先に債権譲渡を通知してから取引します。
そして、売掛先がファクタリング会社に売掛金を支払います。

一方2社間ファクタリングでは、売掛先に債権譲渡を通知しません。
利用者が売掛先から売掛金を受け取って、ファクタリング会社に支払います。
そのため、3社間ファクタリングに比べると、利用者が売掛金を支払期日までに使い込む可能性が高いです。

売掛金未回収のリスクが高いため、ファクタリング会社はファクタリング手数料を高く設定する傾向があります。
ですので、ファクタリング手数料を抑えたい場合は、3社間ファクタリングを利用しましょう。

(3)ファクタリング手数料を確認する

ファクタリング手数料は、ファクタリング会社によって異なります。
ファクタリング会社が設定できる数値を制限する法律はないからです。

ですので、3社間ファクタリングを利用しても、他社より高額なファクタリング手数料を請求される可能性があります。
ファクタリングを申し込む前に、ファクタリング会社のホームページでファクタリング手数料を確認しておきましょう。

利用するファクタリング会社の候補をいくつか挙げて、ファクタリング手数料を比較してみてください。

(4)諸費用を確認する

ファクタリングを利用する際、ファクタリング手数料以外にも費用が発生します。
発生する主な費用と内容は、以下のとおりです。

諸費用 内容
事務手数料 契約書の作成などで発生する人件費
審査手数料 サービス申込時の審査で発生する人件費
印紙税 紙の契約書を交わす際に発生する税金
債権譲渡登記費用 登記を行うために必要な費用
3社間ファクタリング利用時は不要
公正証書作成費用 公正証書を作成するために必要な費用
出張費用 面談時に出張してもらう際に必要な費用
企業の事務所に足を運ぶ場合は不要

利用状況によっては、発生しない費用があります。
たとえば債権譲渡登記費用ですが、3社間ファクタリングで取引すれば発生しません。
債権譲渡登記とは、売掛債権の所有者を明確にする制度のことです。

3社間ファクタリングでは、売掛先に債権譲渡を通知して承諾を得ます。
債権譲渡登記を行って、売掛債権の所有者を明確にする必要はありません。
ですので、ファクタリング利用時に債権譲渡登記費用は不要です。

以上のように、ファクタリング利用時に必要な費用は、企業や取引方法によって異なります。
中には数万円かかる費用もあるので、ファクタリングの利用を申し込む前に確認しておきましょう。

(5)利用回数の多いファクタリング会社を選ぶ

利用回数の多いファクタリング会社と取引すれば、ファクタリング手数料を抑えられる可能性があります。
取引実績があれば、ファクタリング会社から「売掛債権未回収のリスクが低い」と判断してもらえる傾向があるからです。

先ほど解説したとおり、ファクタリングの審査では、主に売掛債権の信用力が重視されます。
売掛金を回収できるかどうかは、売掛先次第だからです。

とはいえ利用者の信用力が、まったく審査されないわけではありません。
態度が悪かったり提出書類に不備があったりすると、審査落ちすることもあります。

逆に問題なくスムーズに取引が成立している利用者であれば、ファクタリング会社から「この企業となら取引しても売掛金を回収できる」と判断してもらえます。
ですので、ファクタリング手数料を抑えて資金調達したい方は、利用回数の多いファクタリング会社を選択しましょう。

(6)見積書を発行してもらい他社と比較する

ファクタリングに必要な費用を確認して、利用するファクタリング会社の候補を挙げたら、各企業で見積書を発行してもらいましょう。

見積書には、ファクタリングを利用する際に必要なおおよその費用が記載されています。
一番費用が安いファクタリング会社を選んで、より多くの資金を調達しましょう。

ファクタリングでかかる費用については、以下の記事でより詳しく解説しています。
ファクタリングを利用する前に、ぜひ目を通してみてください。
↓↓↓↓↓

バナー_手数料

ファクタリングで高額な売掛債権を取引する際の注意点

続いては、高額な売掛債権を取引する際の注意点について解説していきます。
スムーズかつ安全に資金調達したい方は、これから解説する内容をぜひ参考にしてみてください。
それでは詳しく見ていきましょう。

(1)売掛債権の買取額は企業ごとに上限がある

ファクタリングで調達できる資金には、上限があります。
先ほど解説したとおり、売掛金以上の資金は調達できません。

たとえば、売掛金100万円の売掛債権を取引する場合、100万円からファクタリング費用が差し引かれます。
受け取れる金額が100万円未満となるため、売掛金以上の資金は調達できません。

そして、売掛債権の買取金額は、企業によって上限が設定されています。
売掛債権の買取金額の上限を1,000万円に設定している企業では、1,000万円以上の資金を調達できません。

ですので、ファクタリングで資金調達する前に、ファクタリング会社が設定している売掛債権の買取金額の上限を確認しましょう。
ファクタリング会社のホームページに記載されています。

(2)個人事業主の取引に対応していない可能性がある

ファクタリング会社によっては、個人事業主が利用できない企業もあります。
利用できる事業形態が、ファクタリング会社によって異なるからです。

事業形態の種類には、大きく分けて法人と個人事業主の2種類があります。
法人に対応しているファクタリング会社と比べて、個人事業主に対応しているファクタリング会社は少ないです。

ファクタリング会社を選ぶ際は、対応している事業形態を確認しましょう。

(3)査定に時間がかかるので早めに申し込む

高額な売掛債権を取引する際は、なるべく早めにファクタリングの利用を申し込みましょう。
売掛金が高額である場合、審査に時間がかかるからです。

「最短即日現金化」を謳っているファクタリング会社でも、高額な売掛債権の審査には時間がかかることもあります。
ですので、高額な売掛債権を買い取ってもらいたい場合は、早めにファクタリング会社に問い合わせておきましょう。

(4)悪質ファクタリング会社に注意する

数あるファクタリング会社の中には、利用者に不利な条件を押し付けるヤミ金業者が潜んでいます。
ファクタリング業界はまだまだ未熟で、法整備が追いついていないからです。

ですので、安全にファクタリングで資金調達するには、利用者が気をつけるしかありません。
そこで本項目では、悪質ファクタリング会社を見分ける方法について解説していきます。
利用するファクタリング会社を選ぶ際に、ぜひ参考にしてみてください。

①消費税が発生する

悪質ファクタリング会社では、消費税を請求される傾向があります。

本来ファクタリングの取引で、消費税が発生することはありません。
売掛債権の譲渡・売買を行うファクタリングは、非課税取引に該当するからです。

ファクタリング会社を選ぶ際は、ホームページや契約書などで消費税の有無を確認しましょう。
消費税が必要な場合は悪質ファクタリング会社なので、利用を避けてください。

②手数料が相場より高額

ファクタリング手数料が高額な場合、悪質ファクタリング会社かもしれません。

先ほど解説したとおり、ファクタリング手数料はファクタリング会社が自由に設定できます。
ですので、たとえ100%に設定していても問題ありません。

とはいえファクタリング手数料には、以下のようにある程度の相場があります。

取引方法 ファクタリング手数料の相場
3社間ファクタリング 1~5%
2社間ファクタリング 10~30%

引用:STEP1:ファクタリング手数料の相場を知る!(資金調達プロ)

悪質ファクタリング会社ほど、ファクタリング手数料を相場よりも高額に設定する傾向があります。
たとえば、3社間ファクタリングでファクタリング手数料を30%請求された場合、悪質ファクタリング会社の可能性が高いです。

ですので、ファクタリングを利用する前に、ファクタリング会社のホームページや契約書などでファクタリング手数料について確認しておきましょう。

③担保や保証人が必要

ファクタリングで担保や保証人を要求された場合、悪質ファクタリング会社なので利用しないようにしましょう。

本来ファクタリングでは、担保や保証人は要求されません。
お金を借りるのではなく、売掛債権を譲渡・売買しているだけだからです。

ですので、万が一ファクタリングで担保や保証人を要求された場合は、サービスの利用を申し込まないようにしてください。

④ホームページが適当

悪質ファクタリング会社のホームページは、デザインが適当な傾向があります。
悪評が広まるたびに会社を畳んで新たに作り直すため、デザインはこだわりません。

とはいえ、あくまでホームページを適当に作る傾向があるだけです。
ですので、先ほど解説した内容も確認しながら、悪質ファクタリング会社かどうかを判断しましょう。

より詳しく悪質ファクタリング会社を見極める方法が知りたい、初めてファクタリングを利用する方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。
↓↓↓↓↓

ファクタリングを初めて利用する方へ

高額な売掛債権を取引できるファクタリング会社5選

高額な売掛債権を取引できるファクタリング会社を、5社紹介していきます。
買取上限額が高くファクタリング手数料の安い企業をピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。
それでは詳しく見ていきましょう。

(1)トップ・マネジメント

トップ・マネジメント
会社名 株式会社トップ・マネジメント
所在地 東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F
設立 2009年4月
買取上限額 3億円
ファクタリング手数料 1%~
入金スピード 即日~
利用対象者 法人・個人事業主

トップ・マネジメントは、2009年4月から10年以上営業しているファクタリング会社です。
累計買取高100億円を突破しており、買取件数は45,000件を超えています。
長年営業していてファクタリング実績が豊富な、信頼できる企業です。

売掛債権の買取上限額は、3億円とかなり高額に設定されています。
そして、ファクタリング手数料は最低1%です。
コストを抑えて高額な売掛債権を現金化するなら、トップ・マネジメントがおすすめです。

法人だけでなく個人事業主にも対応しているので、フリーランスや自営業の方も利用を検討してみてください。

(2)三共サービス

三共サービス
会社名 株式会社三共サービス
所在地 <東京本社>
東京都千代田区神田須田町1-24-6
ACN神田須田町ビル3F
<大阪支店>
大阪市淀川区西中島4-3-21
NLCセントラルビル406
設立 2001年7月
買取上限額 1億円
ファクタリング手数料 1.5~10%
入金スピード 即日~
利用対象者 法人

三共サービスは、2001年7月から営業している老舗のファクタリング会社です。
先ほど紹介したトップ・マネジメントよりも10年ほど長く営業しているため、より信頼できる企業だといえます。

買取上限額は1億円と高めで、ファクタリング手数料は最低1.5%と割安です。
そして三共サービスでは、高額な売掛債権の取引でも3日ほどで資金調達が完了します。

高額な売掛債権を割安なコストで素早く取引したい方は、三共サービスの利用を検討してみてください。
個人事業主には対応していないので注意しましょう。

(3)No.1ファクタリング

株式会社No.1
会社名 株式会社No.1
所在地 <東京本社>
東京都豊島区池袋4-2-11
CTビル3F
<名古屋支社>
愛知県名古屋市中村区則武2-3-2
サン・オフィス名古屋3F
<福岡支社>
福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20 NMF博多駅前ビル2F
設立 2016年1月
買取上限額 5,000万円
ファクタリング手数料 1~15%
入金スピード 即日~
利用対象者 法人・個人事業主

No.1ファクタリングは、2016年1月から営業しているファクタリング会社です。
老舗ではありませんが、買取上限額が5,000万円と高めで、最低1%の割安なファクタリング手数料が魅力的な企業です。

そして、建設業特化型のファクタリング会社なので、利用者が建設事業主であればより早く資金調達が完了します。
法人だけでなく個人事業主にも対応しているので、事業形態に関係なく利用できる企業です。

(4)MSFJ(企業)

MSFJ(企業)
会社名 MSFJ株式会社
所在地 東京都豊島区池袋2-70-11 3F
設立 2017年9月(創業2015年11月)
買取上限額 5,000万円
ファクタリング手数料 1.8~9.8%
入金スピード 即日~
利用対象者 法人・個人事業主

MSFJは、2017年9月から営業しているファクタリング会社です。
買取上限額は5,000万円と高く、ファクタリング手数料が最低1.8%と割安に設定されています。

先ほど紹介したNo.1ファクタリングと同じく、高額な売掛債権を割安なコストで取引した方向けの企業です。
ファクタリング手数料の最大が10%未満なので、コストを抑えて取引できます。

さらに、早ければ最短1日で審査が完了するので、多額の資金を素早く調達したい方は、MSFJの利用を検討してみてください。

(5)アンカーガーディアン ★関西・九州

アンカーガーディアン
会社名 株式会社アンカーガーディアン
所在地 <本社>
福岡県福岡市中央区大名2-10-4
シャンボール大名D棟1505号
<大阪支店>
大阪府大阪市淀川区西中島3-7-8
NLC新大阪17号館302号
設立 2018年2月
買取上限額 5,000万円
ファクタリング手数料 3%~
入金スピード 即日~
利用対象者 法人・個人事業主

最後に紹介するのは、地方密着型のファクタリングサービスを展開しているアンカーガーディアンです。
福岡県と大阪府にオフィスを構えているため、近畿地方や九州地方の方が利用しやすくなっています。

ファクタリング手数料は最低3%で、今回紹介している企業の中では割高です。
ただ、売掛債権の買取上限額は、5,000円と高く設定されています。

東京へ足を運ぶのに時間がかかる近畿地方や九州地方の方は、アンカーガーディアンの利用を検討してみてください。
面談時の交通費または出張費を抑えられます。

バナー会社一覧_大

まとめ

今回は、ファクタリングで高額な売掛債権を取引する際のコツや注意点について解説しました。

売掛債権をより高額で買取してもらうコツは、以下のとおりです。

  • 信用力の高い売掛債権を取引する
  • 3社間ファクタリングを利用する
  • ファクタリング費用を確認する
  • 取引実績の多い企業を利用する
  • 複数社の見積書を比較する

ファクタリング会社は審査時に、取引後に売掛金を回収できるかどうかについて調査します。
そして、企業ごとの審査基準でファクタリング手数料を決定します。
ですので、いくつかのファクタリング会社で見積書を発行してもらい、よりコストの低い企業を選択しましょう。

ただし、数あるファクタリング会社の中には、悪質なヤミ金業者が潜んでいます。
うっかり利用してしまうと、不利な条件で取引させられかねません。
ファクタリング会社を選ぶ際は、ホームページや契約書によく目を通しておきましょう。