基礎知識

ファクタリング契約はどのように進む?流れや注意点・必要書類を解説

ファクタリング契約

企業活動を行う中で、資金繰りは経営者を悩ませる大きな要因となります。

いくら売り上げが上がっても売掛債権を回収できなければ資金繰りが悪くなり最悪のケースでは倒産する可能性もあります。

「ファクタリング」と呼ばれる資金繰りを改善するための有効な手段があることをご存知でしょうか。

当記事ではファクタリングの契約までの流れについて解説していきます。

ファクタリングとは

まずはファクタリングについて概要をご説明します。

ファクタリングには大きく分けて2種類ありますので、それぞれの概要について解説します。

ファクタリングの利用が初めてで用語や仕組みがわからない方は、まずは以下の記事からご覧ください。
↓↓↓↓↓

ファクタリングを初めて利用する方へ

(1)買取ファクタリング

買取ファクタリングとは、企業が持っている売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうファクタリングです。

買取ファクタリングの特徴は、売掛金をすぐに現金化できると言う点です。売掛金をファクタリング会社に売却することで、売掛金はファクタリング会社のものとなります。

売掛金は企業が回収をしますが、売掛金をファクタリング会社に売却した時点で現金を受け取ることができます。

しかし、ファクタリング会社に手数料を差し引かれることになるので、売掛金を全額回収することできません。

ファクタリングには費用がかかると言う事は覚えておいた方がよいでしょう。

(2)保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、売掛金を保証会社に保証をしてもらうファクタリングです。

保証ファクタリングは、現金としてすぐに回収を目的とするのではなく、売掛金が貸し倒れとなってしまった際のリスクを避けることが目的となります。

保証ファクタリングをしておくことで、万が一取引先が売掛金を払えなくなった際に保証会社から現金を受けとることができます。

保証ファクタリングは、売掛金に保険をかけておくようなイメージだと考えてください。

ファクタリング契約から実行までの流れ

次にファクタリング契約が、どのような流れで行われるのかみて行きましょう。

契約の流れ

(1)事前相談

ファクタリング契約をするにあたって、ファクタリング会社と事前相談をする必要があります。

ファクタリング契約といっても、買取ファクタリングと保証ファクタリングでその目的や効果には大きな違いがあります。また、複数の取引先がある場合、どの売掛金でファクタリングを利用するかというのも決める必要があります。

このように様々な事項について事前に相談を行い、ファクタリング会社と詳細を詰めておく必要があります。

(2)申込

ファクタリングの申し込みは、ファクタリング会社の店舗での申し込みの他に郵送やインターネットでも受け付けている場合があります。

事前相談の際に申込方法も確認しておくようにしましょう。

(3)必要書類の準備

ファクタリング契約にあたって、書類を提出する必要があります。

ファクタリング契約に必要となる主な書類は以下の通りです。ファクタリング会社によって必要書類が異なる場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

  1. 法人登記簿謄本
  2. 印鑑証明書
  3. 代表者の本人確認書類
  4. 決算書
  5. 売掛金が発生していることを証明する書類
  6. 取引先との資金のやりとりがわかる書類(入金記録がある通帳など)

(4)ファクタリング会社による審査

ファクタリングの申し込みを行うと、ファクタリング会社による審査が行われます。

ファクタリングは申込を行えば必ず利用できるわけではありません。

ファクタリング会社は、ファクタリングを利用する企業と取引先の企業について、事業内容や取引状況について審査を行います。口頭でのヒアリングも行われますので、嘘・偽りが内容に誠実に解答するようにしましょう。

(5)契約

審査が完了すると契約書を交わします。

契約をすると費用が発生しますので、疑問点は担当者によく確認してから契約するようにしましょう。

ファクタリングの契約に必要な書類について詳しく解説していますので、こちらの記事もチェックしてみてください。
↓↓↓↓↓

ファクタリングの必要書類

ファクタリング契約をする際にチェックするポイント

ファクタリング契約をする際に、どのような点に注意をすればよいのでしょうか。

ファクタリング契約のチェックポイントをご紹介します。

(1)他社と比べて費用が高くないか

ファクタリングは会社によって手数料が異なります。

ファクタリングを利用する場合は、複数社に見積もりをとって費用が低い会社と契約する方がよいでしょう。

同じサービスでも費用が大きく異なる場合もありますので、手数料が高いファクタリング会社には注意が必要です。

(2)費用の内訳を確認する

ファクタリングの費用を確認する際に費用の内訳を必ず入手するようにしましょう。

複数社の見積もりをとって内訳も含めて見比べることで、どの企業が何で費用がかかっているのかを詳細に見比べることが可能です。

内訳を開示できないファクタリング会社は、契約をするうえで信用できるとは言えませんので契約は避けた方がよいでしょう。

(3)契約解除が可能か

ファクタリング契約のあとに契約解除ができる会社とできない会社があります。

場合によっては契約解除に高額な手数料が発生する場合もありますので注意が必要です。

契約書をしっかり読み込んで契約解除時の条件についても、しっかり理解してから契約するようにしましょう。

(4)契約書にしっかりと条件が記載されているか

悪徳ファクタリング会社の契約書には、条件について曖昧に記載されている契約書もあります。

重要な事項について、曖昧にしている契約書を交わそうとしている会社は信用できません。

契約にかかる費用や契約期間等、重要な期間を曖昧なまま契約しないように注意しましょう。

(5)買取金額に上限があるか

買取ファクタリングの場合、買取金額に上限がある場合もあります。

買取金額はファクタリング会社によって異なりますが、大手の方が買取金額の上限が大きい傾向があります。

買取上限金額は契約にあたって重要な事項ですので、必ず契約前に確認しておくようにしましょう。

ファクタリングの契約書には何が書いてある?

ファクタリングの契約書には、どのようなことが書かれているのでしょうか。

具体的に記載内容を確認しておきましょう。

(1)ファクタリング契約の対象となる債権の範囲

ファクタリング契約をする際には、ファクタリング契約の対象となる債権の範囲を必ず定めることになります。

対象となる債権の範囲を明確に定義して契約書に記載しておく必要があります。

(2)ファクタリングの定義

どのような仕組みをつかってファクタリングを実行するのか、ファクタリングの定義についても契約書に記載が必要です。

ファクタリングには様々な手法がありますので、どのような方法で行うかを必ず確認しておく必要があります。

また、その方法によって様々なメリット・デメリットがありますので、あわせて確認しておきましょう。

例えば、買取ファクタリングの場合、すぐに現金化できるというメリットがある一方で、売掛金をファクタリング会社が直接回収に行くため、取引先に必ず伝えておく必要があります。

ファクタリングを利用していることが取引先に知られることで、資金繰りに困っていることを知らせることにもなってしまいます。

このようにどのような仕組みを使って行うかによって、デメリットがある場合もありますので、よく確認しておく必要があります。

(3)費用と支払い方法

ファクタリング会社に支払う債権譲渡等にかかる費用と支払い方法も契約書に必ず記載されています。

ファクタリングを行う際はファクタリング会社に支払う手数料だけでなく、様々な費用がかかります。費用はファクタリング契約において重要ですので、不明点を解消してから契約するようにしましょう。

(4)手数料と支払い方法

ファクタリング会社に支払う手数料と支払い方法も契約書に記載されています。

ファクタリング会社によって手数料が大きく異なる場合もありますので、手数料が相場よりも高くないか確認してから契約するようにしましょう。

(5)報告義務

ファクタリング会社は取引先に何か変化があった場合、報告をする必要があります。

報告の頻度や方法は契約書に記載されていますので、よく確認しておいて契約後に万が一報告を怠った場合には指摘が必要です。

優良ファクタリング会社の見分け方

優良ファクタリング会社を見分けるためには、どのような点を確認すればよいのでしょうか。

(1)実績がある会社か

ファクタリングを行うには経験とノウハウが重要です。

その点では、やはり実績が豊富なファクタリング会社のほうが信用できるでしょう。

ファクタリング会社と契約する際は、その会社がどの程度実績がある会社なのか確認しておく方がよいでしょう。

(2)手数料が他社と比べて安いか

手数料はファクタリング会社によって異なりますので、法外な手数料をとる会社と契約しないように注意が必要です。

優良ファクタリング会社と契約をするためには、複数社の相見積もりをとって比較する必要があります。少し面倒な作業ですが、相見積もりは重要ですので、手間を惜しまないようにしましょう。

(3)資金化までに時間がかからないか

買取ファクタリングは現金化までのスピードも重要ですが、ファクタリング会社によって現金化できるまでのスピードには差があります。

契約前に現金化までのスピードについても確認しておいた方がよいでしょう。

現金化までに時間がかかるようであれば、契約の目的を達成できない可能性もありますので、他のファクタリング会社との契約も検討する必要があります。

まとめ

ファクタリングを契約する際には、様々な確認事項があります。

契約する前に確認しておかなければ、相場よりも高い手数料を支払うことになってしまったり、思ったよりも現金化に時間がかかり目的を果たせなかったりする場合もあります。

契約書をよく読みこんで契約前に疑問点は解消しておくことが重要です。

しかし、ファクタリングの契約書は難解な点も多く、初めてファクタリング契約をする人にはなかなか理解できないものです。契約書を読んでも理解できない点は、担当者に直接確認するようにしましょう。

契約書の内容を理解してから契約することで、悪徳ファクタリング会社との契約を避けトラブルを防ぐことにつながります。

バナー会社一覧_大