基礎知識

保証ファクタリングとは何?活用例・仕組みとメリットとデメリット

保証ファクタリングとは

企業の資金繰りは非常に重要です。

売り上げが伸びていても、売掛債権がなかなか資金化できずに悩んでいる企業も多いでしょう。

債権の資金化のために有効な策として保証ファクタリングがあげられます。保証ファクタリングにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

今回は、保証ファクタリングについて詳しく解説します。

ファクタリングの利用が初めてで用語や仕組みがわからない方は、まずは以下の記事からご覧ください。
↓↓↓↓↓

ファクタリングを初めて利用する方へ

保証ファクタリングとは何?

保証ファクタリングとは、どのような仕組みなのでしょうか。

まずは保証ファクタリングの仕組みを確認しておきましょう。

(1)ファクタリングとは

ファクタリングとは売掛債権を金融業者に買い取ってもらうことで、すぐに資金化する金融サービスのことをいいます。

企業は商品を販売した際に多くの場合、先に商品を渡して請求書を発行し、代金の振り込みを依頼します。

その際、代金がなかなか振り込まれないと、企業は売り上げがあがっているのに資金が手元に残らないということになってしまいます。

そこでファクタリングを活用することによりすぐに、現金化できます。また、債権の保証をすることで不良債権化を防ぐことも可能です。

企業にとって売り上げを増やすことは重要ですが、売掛金を回収することも同じくらい重要です。

売掛金を回収するためにファクタリングは有効な手段といえるでしょう。

ただし、ファクタリングには手数料がかかってしまうため、売掛金は全額回収できません。

ファクタリングは売掛金の回収リスクを回避するというメリットがある一方、費用がかかってしまうということを覚えておきましょう。

(2)保証ファクタリングの仕組み

ファクタリングの中には、買取ファクタリングと保証ファクタリングに分けられます。

保証ファクタリングとは売掛債権をファクタリング業者に保証してもらうことで、貸し倒れリスクを回避できるファクタリングです。

保証ファクタリングアニメ

保証ファクタリングの手続きまでの流れは、以下のように行います。

保証ファクタリングの手続き

保証ファクタリングを利用する会社とファクタリング業者で基本的な契約を締結する

保証会社が保証ファクタリングを利用する会社の取引先の与信審査をする

保証会社が取引先の保証限度額を決定する

ファクタリングを利用する会社は取引先別に保証契約を締結し保証料を支払う

保証ファクタリングの特徴はファクタリング会社に債権が移るわけではなく、あくまで自社が債権を保有しているという点です。

売掛債権を保証することによって、取引先から売掛金を回収できなくなるリスクを回避できるのです。

(3)買取ファクタリングとの違い

保証ファクタリングは債権を保証する仕組みです。

そのため、保証会社は基本的に直接売掛債権を回収することはありません。

一方、ファクタリングのもう一つの代表的な仕組みである買取ファクタリングは、債権自体をファクタリング会社が買い取る仕組みとなっています。そのため、ファクタリング業者が直接取引先の債権回収を取引先に行うことになります。

買取ファクタリングと保証ファクタリングの最大の違いは、売掛債権が誰のものになるかという点です。

買取ファクタリングはファクタリング会社に債権が移り、保証ファクタリングは自社が債権を保有したままになります。このことは、保証ファクタリングを理解するうえで重要な要素なので、理解しておいてください。

保証ファクタリングのメリット

保証ファクタリングを利用することは、どのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的に確認していきましょう。

(1)貸し倒れリスクを抑えることができる

保証ファクタリングを利用する最大のメリットは、貸し倒れリスクを抑えることができるということです。

いくら売り上げを上げても売掛債権を回収できなければ、貸し倒れとなってしまいます。

貸し倒れが発生すると資金が回収できなくなってしまいますので、企業にとっては大きなリスクとなります。

保証ファクタリングを利用することで、万が一貸し倒れとなってしまった場合に、保証会社が保証契約時の取り決めた限度額の範囲内で、保証金を受け取ることが可能です。

貸し倒れが発生した際に、売掛金の全てを失うことが無いということは、企業にとって大きなメリットとなるでしょう。

(2)与信審査を自分で行う必要が無い

保証ファクタリングは、保証会社が取引先の信用審査を行います。

一般の企業には信用審査のノウハウはありませんので、信用審査のアウトソーシングを出来るという点は大きなメリットです。

ファクタリング会社は大手金融機関のグループ企業として行っていることも多く、信用調査のプロ集団です。自社で信用調査のノウハウがない場合、自社の社員で信用調査を置こうと膨大な時間がかかってしまいます。

ファクタリング会社に信用審査をアウトソースすることで自社の社員は本業に集中して人材を投入することが可能となります。

(3)売掛先に知られる必要が無い


買取ファクタリングは、ファクタリング業者が直接取引先に売掛債権を回収しに行きます。

そのため、買取ファクタリングは取引先に必ずファクタリングを利用していることを知らせる必要があります。売掛先に知らせる必要があるということは、自社が資金繰りに困っていることが取引先に知られるということにもなります。

企業として、他社に弱みを知られるということは喜ばしいことではありません。

一方、保証ファクタリングは売掛金が不良債権化した際に保証料を受け取る仕組みとなっていますので、基本的に取引先にファクタリングを利用していることは知られることはありません。

取引先にファクタリングを使用していることが知られないということは、保証ファクタリングのメリットの一つとなっています。

(4)スピーディに資金回収ができる

取引先の倒産や経営破綻等により売掛金が支払えなくなってしまった場合、通常であれば、売掛金の回収は不可能となるか、回収できたとしてもかなり時間がかかってしまうことになるでしょう。

しかし、保証ファクタリングを利用していれば万が一取引先が倒産・経営破綻等で売掛金を支払えなくなったとしても、ファクタリング会社が保証金を支払ってくれます。

そのため、スピーディに資金を回収できるのです。

保証ファクタリングのデメリット

メリットも大きい保証ファクタリングですが、デメリットもあります。

デメリットも確認しておきましょう。

(1)利用できない場合もある

保証ファクタリングは取引先企業の信用力が重要です。

ファクタリング会社は取引先企業の審査を行ったうえで、保証契約を行います。

しかし、取引先企業の信用力が著しく低い場合、保証ファクタリングの契約ができない可能性もあります。

保証ファクタリングは取引先の信用力によって、契約がしたくてもできない可能性もあるということも覚えておいたほうがよいでしょう。

(2)保証料がかかる

保証ファクタリングは、保証料を保証会社に支払う必要があります。

保証料は企業にとってコストとなってしまうので、大きなデメリットとなっています。

また、取引先企業の信用力によって保証料が高くなることもあります。信用力の低い取引先であれば、コストもかさみます。

(3)導入後に保証が打ち切られる場合もある

保証ファクタリングはファクタリング業者と基本的な契約を行い、その後個別の売掛債権について契約を行っていきます。

導入時には保証ファクタリング契約が成立しても、導入後に取引先企業の信用力が著しく低下した場合、保証契約が打ち切られることもあります。

保証ファクタリングの活用例

ここまで保証ファクタリングの仕組みやメリット・デメリットについて解説しました。

それでは、どのように保証ファクタリングを活用すればよいのでしょうか。

ここからは保証ファクタリングを導入する場合の具体的な活用例をご紹介します。

(1)売掛金の回収までに時間がかかる業界で活用する

保証ファクタリングは、売掛金を回収する際に取引先が倒産や経営破綻をした際に売掛債権を保証してもらう仕組みです。

そのため、売掛金がすぐに回収できる業態の場合、あまり保証ファクタリングを使うメリットはありません。

一方、売掛金を回収するまで長期化するような業態の場合は、保証ファクタリングで取引先の信用リスクを回避することは重要といえるでしょう。

売掛債権の回収までに長期化する業界の代表例は建築・土木関連の業界です。

大がかりな工事が必要とするなど、売掛金回収までに時間がかかる業界は保証ファクタリングのメリットが大きいといえるでしょう。

(2)新規開拓を進めている企業

新規開拓をどんどん進めていく企業は、大きく成長していく過程の企業が多いものです。

また、新規開拓をする際は、広告宣伝費等の費用もかさむものです。

新規開拓に成功しても売掛金を回収するまでは資金化できません。また、新規開拓を行いながら、新規取引先の与信審査を自社で行うことはかなり負担が大きいといえるでしょう。

保証ファクタリングを利用することで、与信管理のプロであるファクタリング会社にアウトソーシングできます。そのため、保証ファクタリングを活用することで自社の人材を本業に集中投下することができるのです。

新規開拓を進める成長企業にとって、与信管理の自社の人材の手間をとられないという点は大きなメリットとなります。

まとめ

売掛金の回収は企業にとって非常に重要です。

ファクタリングの仕組みは売掛金の回収に悩む企業にとって有効な仕組みといえるでしょう。

その中でも保証ファクタリングは、貸し倒れリスクを回避しながらも自社で債権を保有したままとなるため、取引先に知られないというメリットがあります。

に売掛金の回収までに時間がかかる企業や新規の取引先を開拓している企業にとっては、保証ファクタリングを活用することでリスクを回避しながら企業を成長させることができます。

一方で保証料がかかるなど、デメリットもありますので、慎重に検討しながら保証ファクタリングを活用することが重要です。

バナー会社一覧_大